フォークジャングル

フォークジャングルとは



1990年11月1日・東京・上野公園野外ステージで産声を上げた、うたうたいによる自主運営コンサート

1990年3月から渋谷・109前路上で毎週日曜日にうたい始めた<街でうたううた>が母体となっている(渋谷109前の歩行者天国が廃止になったため、現在活動休止中)

自分たちがうたう場所は自分たちの手で作るという姿勢で、各地のうたうたいたちと交流しながら、フォークジャングルという活動そのものをメジャーにする

目標のひとつは、上野公園野外ステージ(客席数1200席強)を満員にすること



1990年11月1日の第1回以来、毎年3月から11月にかけて数回のコンサートを開催している

2009年には各地からの28組の出演者を迎え、第100回記念コンサートを開催(You−Tubeに10本のダイジェスト映像あり・リンク参照

2012年11月現在、野外コンサートとして114回のコンサート開催。その他にも各地のライヴハウス等で番外編の交流ライヴを実施。出演者数100組以上

上野公園野外ステージ以外で野外コンサートを行った場所は、京都・京都市円山公園音楽堂、大阪・服部緑地野外音楽堂、大阪・大阪府立青少年会館野外ステージ、郡山・開成山公園野外音楽堂

番外編ライヴ(有料)の開催地は、仙川・GOSPEL、福岡・昭和、福岡・ビブレホール、長野・ネオンホール、広島・HOT GIN、名古屋・Z、高知・劇場 歌小屋の2階、松山・YAH MAN33



野外ステージでのコンサートは入場無料(投げ銭)
スポンサーを持たない方針のため、投げ銭箱を受付に設置

出演者はすべて、受付、舞台、PA等のスタッフ兼任

出演料は1万円(会場費、DM発送費、プログラム製作費等を出演者で分担するため。ただし、関東以外の地方からの出演者については考慮する)

コンサート2週間前にミーティングあり

出演者・スタッフ随時募集(連絡先・フォークジャングル代表・松本秀房)

問い合わせメールアドレス:folkjungle@hotmail.com





TOPへ戻る